読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mooc week 2: matchmaker models

マーケットプレイスモデルともいう。消費者と提供者をつなぐ。例えば、犬の世話をしてほしい人とシッター。運転する人とどこかにいかないといけない人。通常は、両者あるいは片方から手数料を受け取り、ビジネスを成立させる。始めるのはとても簡単。インターネットでコーディングをできればいい。初期投資もあまり必要ない。ビジネスを始めるにはとてもシンプル。

 

airbnb

DogVacay:ドッグシッターと、犬の世話をしてほしい人。

UBER

TaskRabbit:日常のやらないといけないことをお願いしたい人と、それをできる人。

craigslist

freecycle.org

 

  • 誰がお金を払ってくれるか?あるいは誰が、危機感を持ってサービスを利用してくれるか。no problem, no business. nobody will pay for noproblem.
  • どちら側を先に手配するべきか?需要側か、供給側か?行ったり来たりがベスト。並行して育てる。
  • 小さくニッチで始めるのが肝要。キモ。

 

  1. John Erceg

budgetplaces.com

創業前に2回ビジネスを失敗。バルセロナでシンプルにアパートを買って、旅行客に貸そう。ということに。インターネットを使い出し、近隣のホテルの広報もはじめ(FAXも活用)、宿泊客から15%を受け取る。予約時の支払いで、クレジットカードにすれば60日前もってお金もらえる。それでgoogleアドを購入。トラフィックを増やした。

2011年売却。25百万ユーロ。ジョンが使ったのは、はじめの2部屋を購入したお金だけ。後は15%の手数料で全てまかなえた。

 

  1. profounder.

失敗例。家族ビジネスの資金調達に関するサポートビジネス。でも連邦、州の規制Regulation Dがあり、その調査にかなりの資金が必要だった。アメリカ全土を対象にしたかったので、初期にその資金を調達。手数料でビジネスを成り立たせようとしたが、成立せず。結局3年で廃業。

dogvacayは犬だけ。ニューヨークだけ。小さく始めていれば、もっと状況は変わっていたか?

 

  • インタビュー@ドッグシッターAmelia Armstrong

プロファイルを記載。まずは挨拶周りから始まる。1人あたり3時間ぐらいはかかる。普通のビジネスと同じ。挨拶周りの7割はビジネスにつながっている。挨拶周りの時はお金もらえないが、それは大した問題ではない。挨拶周りは月1回程度。ドッグシッティングはinner peaceにつながる。お金のためじゃなく、近隣のコミュニティのコネクションのためにやっているサイドビジネス。本業はカメラマン。料金は個人で設定。周りのドッグシッターの料金を参考にしながら。たまには非効率な依頼があるのが少しイヤ。1時間で10ドル。行き来が遠いと非効率になる。dogumentaryについても考えたことがある。今後の可能性あり。

 

  • インタビュー@Nitzan Yudan

flatclubの代表。始めた頃はそこまで競合はいなかったが、そのうちairbnbなどが入ってきて、ビジネスをシフトする必要性が出てきた。顧客に聞くことに。宿泊日数が16日。airbnbだと平均5日。利用者には二つのグループがある。一つはホリデー用の宿泊を使っている。こういった人は将来的にはairbnbに流れる可能性が高い。もう一つは3-6ヶ月の宿泊。こういった人は、他に使えるサービスがないからflatclubを使っていた。ここに可能性があるのではないか?と思った。そこからシフトが始まった。

大学生の時に起業。自分自身を第一の投資家と考えている。顧客からのtractionがないと、ビジネスとして成り立つかどうかも確かじゃない。VCを狙う前に自分も確証を欲しかった。プラットフォームの構築は外注。それは自分の金。

6ヶ月経って、break evenして、新しい従業員を雇うことができたから、その辺りからVCを探し始めた。VCの申請手続きやらはかなり時間と労力がかかるので、動き出す前によく考える必要がある。VCは本当の初めての創業家には投資しない。VCは関係構築が重要。アドバイスはたくさんくれる。次の三ヶ月で何をすればいいと思うか?聞いて、実際にする。そしてまた訪問する。それの継続。

flatclubで宿泊客が予約した時点でお金が入ってくる。宿泊客が実際に宿泊してから3日後、flatclubから、対象の宿に支払いが行われる。その1ヶ月〜数ヶ月の間、お金はflatclubが持っている。それがビジネスの成長資金。

需要と供給のバランスをとるのはとても難しい。新しい支店を作るたびにぶち当たる問題。基本的には供給が先。でも参加した宿がすぐに予約をとれるような工夫をしている。それが重要だと思っている。

料金設定について、宿に対してアドバイスできる。どういった人がどれぐらいの価格帯の宿を探しているか、分析すればわかる。長期滞在に対するピンポイントの動きができる。bookしてもらうのを待つ必要はない。自分から顧客や宿に対してアプローチすれば、一発で予約もできる。airbnbで数日の宿予約だと、2、3軒仮予約ということもあるが、うちではない。

 

    Ivan Nikkhoo

M&A投資銀行代表。early stage investmentにもアドバイザーとして関与。uverが世界を変え始めている。顧客とプロバイダーが直接繋がるようになっている。leading edgeの視点からuverは世界で一番重要な企業。中抜きによって全ての関係者が得をするようになっている。unionとgovernment以外。ubernizationが色々な分野で始まっている。

成功している分野と成功していない分野があるのはなぜか。プラットフォームを構築するのがとても難しい。acquisition costが大きい。サプライヤー側と顧客側両方ある。誰がお金を払うのか、そのマーケットを明確にする必要がある。マス化するのがとても難しい。マス化すれば一安心。execution cost.

プラットフォーム自体を中抜きし始めることもある。そうならないためにはどうすればいいか。convenience、security、transparencyの三つが重要。

一つの産業が成熟すれば、その一部でサブセクターが成長始めている。例えばタクシーではuberやlyftがある。hopscarは子供と母親のためのタクシー@ニューヨーク。サブセクターが成長しているので、そこを狙うのもいい。

まだ成熟していない産業financialやinsuranceなどでは産業が急成長している。頂上には1〜3の独占企業、その次につながるいくつかの中堅企業、それ以外は有象無象。有象無象は独占企業や中堅企業には資金面でも敵わない。将来的には吸収合併されるのがオチ。ニッチ化がミソ。

 health、education、governmentの業界で何が起こるのかが楽しみ。組合と政府の力が一番強い分野。顧客を味方につけてしまえば、uber化が進む可能性も。

中国ではアリババのおかげで、起業家が急増し、経済成長が進んでいる。ラテンアメリカではインターネットが普及しており、インフラが活用できる。アメリカのuberサービスをコピーして活用できるはず。アフリカでは、まだインフラが十分ではないので、別のシステムが必要。

 

 

 

着目点は、

  • specializationか、mass-comprehensivenessか
  • user friendlyかどうか。自分で選べるかどうか。入札/コンペよりも、選んでもらって倍率を減らしてくれる方がありがたい場合もある。
  • googleで検索上位に出てくるか
  • 顧客側から見れば、登録をしないと受注者が見れないのは少しマイナス