読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残り全部バケーション 

 

残り全部バケーション

残り全部バケーション

 

最近、小説について何を書くのがいいんだろう、と考えています。そういう時に参考にするのが、上記の「この商品を含むブログを見る」リンクから飛べる他のブログなんですが、見てると面白いですね。

ただリンクを貼っただけのものから、簡単な感想、読むまでの経緯、印象に残ったフレーズ、(ミステリーなら)ネタバレまで様々です。

私の場合、小説を選ぶ時の大きな基準に、読みやすさ、言葉の印象深さみたいなものが入ってきます。なので、他の人が面白いと思ったフレーズを知れると、小説を選ぶための大事な情報をもらえた気分になります。

という前置きをしつつ、今回の伊坂さんの本については特に記憶に残ったフレーズはありませんでした(まぁ、なかったからこそ、何を書こうか迷っている訳ですが)。

気に入ったフレーズはなかったものの、いつも通り伏線回収が爽快で、読了後の達成感にはすごいものがあります。それが伊坂さんの作品の醍醐味なんでしょうね。