会社の先輩が貸してくれたもの。

ほんとうに生きるということは、いつも自分は未熟なんだという前提のもとに平気で生きることだ。

ということを伝えたかったんだろうか。