読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

告白 ★★★★★

成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

会社・市場の成長のタイミング・流れにあわせて
必要な人材が変わるらしい。


起業家→起業家・実務家→実務家・管理者→3役+まとめ役

会社をつくりあげていくドラマは、じつは桃太郎さんと同じなんだ。
桃太郎は、鬼が島に鬼退治に出かけようというアイデアを思いつく。アイデアを思いつく桃太郎は起業家だ。桃太郎が歩いていくと、そこにイヌが鬼退治に加わる。イヌは主人に忠実に尽くすので実務家。次に、猿が鬼退治に加わる。猿は知恵の象徴。システム化が重要な仕事である管理者の役割。最後にキジ。キジは愛と勇気の象徴。グループ全体をまとめあげるまとめ役。
桃太郎の物語を会社経営になぞらえると、起業家・桃太郎が鬼を退治するというミッションをもって、実務家、管理者、まとめ役に出会い、最終的に宝を持ち帰るということなんだよ。
会社経営においても、桃太郎の物語と似たような順番で必要な役割を登用し、事業を成長させていくんだ。