ブルー・オーシャン戦略 ★★★★☆

ライバル企業と熾烈な競争を繰り広げるレッド・オーシャンじゃなく
誰もまだ踏み入れたことのない新境地(ブルー・オーシャン)を開拓して悠々と泳ぎましょう
的な話。


でその開拓の考え方とか仕方とかを事細かに事例をまじえて説明してくれてる本です。
考え方から手順からツールから盛りだくさんで
若干飽和状態にはなるけど、根本的な考え方はとっても新鮮でした。


シルクドゥソレイユのライバルはサーカス(だけ)じゃなく
バーやレストランも含まれるらしいです。
というのも、サービスを利用する人からしたら
シルクドゥソレイユもレストランも、
「アフターファイブを楽しむ」ためのものだからだそうです。