図書館戦争 ★★★★☆

お腹いっぱいな感じのラブコメ小説でした。


小説って登場人物の思考回路についていけるかどうかが
楽しめるかどうかの境界線な気がします。


今まで読んできた他の作家の小説だと
「なんでこんなことすんの、この人?」みたいな流れが必ずあって
釈然としないまま消化不良のうちに読み終わってしまうことが多かったんですが。


でもこの人の小説の登場人物は
理詰めで筋が通ってて、もしそうでなかった場合でもちゃんと論理的に説明してくれるから
読んでて納得はできなくても理解はできるのが読みやすい理由かなと今更ながらに気付きました。