日本製造業の次世代戦略 ★★★★☆

ちょっと古いけど
何も知らない分野なので入門書として読んでみました。
要点をわかりやすくかいつまんで説明してくれてたので
分かりやすいことは分かりやすかった。

  • 日本の製造業はオーバースペック
  • 韓国は、釜山港経由ロシアルート(シベリア鉄道)での輸出を検討中。これが実現すると海路よりも断然コストが安くなる
  • 日本では少子高齢化に見合ったスケールの経済を組み立てれば良い。例えば、10万人が10年に1回テレビを買い替えていたのが、5万人になったとしても、テレビのライフサイクルが10年から5年に短縮されれば、10年間のスパンにおける売り上げは計10万台で変わらない

→やっぱり製造業ってのは、ものを売ってなんぼだからもののライフサイクルは短いほど良いのか。製造業の活性化と製品を長く使うっていうことは矛盾するのか?

  • ベース+オプションによる顧客別ニーズの実現が今後は重要
  • 新製品を出すのは、ブランドを守るため。タイミングが早すぎると共食い現象が生じて安売り製品というイメージが付いてしまうし、遅すぎると他のブランドに消費者が流れてしまう。タイミングが重要。


震災をふまえてどれが一番優先すべきことなのか
この人の意見が聞きたい。