パリ通信

パリでも印象に残ってるのがサヴォア邸。


流れるような生活がありありと想像できて(つまりは間取りが使いやすそうでいて夢がある)
なおかつ外観が幾何学的に整ってるのが、衝撃でした。


サヴォア邸
ダイドコロ。棚が両方から開けられるようになってたり、家具の白さが印象的だったり。


サヴォア邸
リビング。日当りが良くて、庭が眺められて最高です。


サヴォア邸
廊下。青色がきれいで、天窓からの光に引き寄せられる感じがしました。


サヴォア邸
お風呂場。カーテンでしか区切られてなくてめっちゃ開放的です。
腰かけて、お風呂に入ってる人に話しかけられるような造りになってます。