となり町戦争

となり町戦争

となり町戦争

自治体が先導してとなり町と戦争する話。
うちらが考えてる戦争(戦車が走って銃の軍隊で殺し合うみたいな)ってのとは
また違う戦争の形が現代にはあるんじゃないかとか
気付かないうちに戦争が起こって終結してるかもしれないよね、とかいう話。


あとは、悪いことなんてしてないと思ってても
巡り巡って悪いことに貢献してることも多々あるんだよ
的なことも。


ぞっとする箇所が多かったなぁ。変にリアリティがあったので余計に。
良く言えば日頃適当に折り合いをつけてることを色々と考えさせられる本。