隅田川小景

隅田川小景

小説って、日常をありえんぐらい客観的に表現しててこわい。
しかもそういうのに限って終わり方が良く分からんかったりする。