函館どっく

函館どっく
この写真の真ん中にある赤と白のドック。
今は使われておらず取り壊そうとしているところらしい。
住民からは「このドックのある風景がもう既に自然のものとして受け入れられている」との声もあるそう。


という話をドクターの先輩から聞きました。


はて、函館行ったけどそんなものあったけな?
と思い写真を見返してみると、いくつか写ってました。
函館どっく
これとか。


函館どっく
これとか。


函館どっく
こんな写真にも。


情報を植え付けられるだけで
それまでに見てたはずのものを違う視点で見るようになる
っていうのはなかなか面白い話だと思います。


逆にそういうことを知らずに見てたのかと
ちょっと怖いというか残念というか悔しいというか
そういう気持ちにもなります。


旅行だったらやっぱり色々調べてから行って
後で「あれ見なかったの?」てことにはならないようにしたいなぁ。
やっぱりそういうのがあったら残念すぎる。


でもそういうのにもつかれたりして
何も知らずに見る、見て考えるっていうことも楽しそうだしなぁ。


昼間に考えた時はもっとまとまってた気がするけど
後になったらうまく説明できない話でした。