写真とことば―写真家二十五人、かく語りき (集英社新書)

写真とことば―写真家二十五人、かく語りき (集英社新書)

知ってる写真家だけ読んでみた。

きわめて鋭敏に知覚した事物にしろ、感応した雰囲気にしろ、いったんカメラを構えはじめて構図を考えはじめると、瞬間の強烈な感動が薄れて、徐々に思惟的なものになってしまうと思える(森山大道