郊外の社会学

●郊外の特徴

  • 両義性

きわめて理想に近いように見える郊外にも、どんなに理想から遠いように見える住宅地にも、そこに”郊外の幸福”としかいえないような住む人の夢や思想や欲望が投影されている部分がある。

  • 周縁性

郊外は都市の一部だが、都市中心部とは違っている。同時にまた郊外は「農村」や「地方」でもない。

  • 均質性

空間、社会的階層などに均質性が見られる

  • 非均質性

農村と都市勤労者が混じって居住している

  • 多面性

郊外の中には、異なる風景やあり方をする場所が複数存在すること

  • 重層性

複数の様相が東京の都市化とその周辺の郊外化の異なる時期と時代に由来する地層のように形成されていること


●事例

  • ベルコリーヌ南大沢
  • 東急電鉄のア・ラ・イエ

「東京」の侵略―首都改造計画は何を生むのか (アクロスSS選書)

「東京」の侵略―首都改造計画は何を生むのか (アクロスSS選書)

「家族」と「幸福」の戦後史 (講談社現代新書)

「家族」と「幸福」の戦後史 (講談社現代新書)