コロッセオ

72年にヴェスパシアヌス帝が着工し
80年にティトゥス帝により完成した闘技場です。
ローマにあります。


当時のローマ社会は
パンとサーカス」という言葉で揶揄されていたそうです。


地中海世界を支配したローマ帝国
たくさんの属州から富を搾取し
それを全部ローマに集めていたため
ローマ市民は働く必要がありませんでした。


権力者は市民を政治的無関心の状態にとどめるために
無料で小麦(パン)を配給し、連日連夜の闘技や演劇(サーカス)を企画しました。
そして、娯楽を提供することが支配者の責務だと
市民の方も考えていたそうです。


はじめのうちは良かったのですが
エジプト・シリアなどの穀倉地帯を失うと
だんだんそれを維持することが難しくなりました。


また、パンとサーカスに没頭して働くことを放棄した者と
富を求めて働くものの貧富の差が拡大し、社会がどんどん歪んでいったそうです。


あ、そういや
現在でも悪名高いネロ帝ですが
治世初期は善政をしてたそうです。
ローマにちなんでまめwiki知識。