今年の本

レインツリーの国

レインツリーの国

有川浩さんの本と出会った、記念すべき一冊です。
この人の本は、あまあまの恋愛小説なのですが
それが時代背景と合わさって
映画のような臨場感を味わうことが出来ます。


趣味で読む本は軽く軽く、
ただ幸せが書き綴られたようなものが好きです。


重いテーマは
深く読もうと思えばいくらでもできますが
逆にこ難しく考えすぎて何も吸収できてない、
ということになりそうで。

まぁ国語が苦手な人の言い訳ですが